コラム

おさえておきたい溶接工の仕事の注意点

こんにちは!
千葉県東金市を拠点に、スタッド溶接工事を主に手掛けている株式会社ウェルテックです。
弊社では溶接工として20年以上の経験を積んできた代表を筆頭に、商業施設や橋梁、ビルやスタジアムなど、大規模な現場に携わってまいりました。
未経験で溶接工の仕事に挑戦する皆様に向けて、この仕事で注意していただきたいポイントを今回はお伝えいたします。
おさえておけば事故防止などにも役立ちますので、ぜひご覧くださいね。

装備はきちんと身に着けること!


溶接の作業では熱や光が発生するので、きちんと装備を身に着けて安全対策をしなければなりません。
作業服をきちんと着るのはもちろんのこと、面倒だなと感じても手袋や溶接マスクは、必ず身に着けましょう。
些細なことかもしれませんが、怪我を防ぐ上でとても大切なことですよ。
怪我の程度によってはしばらく仕事を休まなければならないという結果を招きかねないので、収入を確保するためにも怪我は絶対に避けるよう意識なさってくださいね。

点検作業を忘れずに!

溶接を行なったらそれで全てが完結するのではなく、溶接した箇所に問題がないか、点検もきちんと行わなくてはなりません。
溶接工になったばかりの頃はきちんと作業ができているか不安に感じる部分もあるかと思うので、自信がない時は先輩スタッフに確認するようにしましょう。
事故判断で大丈夫だろうと思い込むことが一番危険ですし、後々大きな事故を起こすきっかけになることもあるので、心配なことは遠慮なく質問していきましょうね。

未経験から成長できる!溶接工採用情報


今回はこの仕事で注意していただきたいポイントをお伝えいたしましたが、今後仕事をする上で参考になりそうでしょうか。
未経験から成長できる溶接工の職場をお探しでしたら、ぜひ弊社求人にご応募いただきたいです。
万全の指導体制で、皆様をお迎えいたしますよ!

磨いた溶接技術で社会の発展に貢献!

弊社はまだまだ若い溶接業者ではございますが、確かな技術と安全性で社会の発展に貢献していきたいと考えております。
千葉県から関東一円までご依頼を承っておりますので、スタッド溶接の業者をお探しの方は、この機会にぜひ弊社へお見積もりなどお問い合わせいただけますと幸いです。
それでは最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。